PR

ライフ ライフ

「魔女の雑草」退治へ アフリカ食糧問題解決に新手法

Messenger
トウモロコシなどの農作物に大被害をもたらす寄生植物ストライガ(土屋雄一朗・名古屋大特任准教授提供)
トウモロコシなどの農作物に大被害をもたらす寄生植物ストライガ(土屋雄一朗・名古屋大特任准教授提供)

 アフリカでトウモロコシなどの農作物を枯らす大きな被害が出ている寄生植物「ストライガ」の駆除方法を、名古屋大などの研究チームが開発した。被害額は年間1兆円を超えているとされ、食糧問題解決への貢献が期待される。米科学誌サイエンス電子版に14日、論文が掲載された。

 ストライガはアフリカのサハラ砂漠以南を中心に分布。ピンク色の美しい花を咲かせるが、トウモロコシなどの根に取り付いて寄生し、栄養や水分を横取りして枯らすため「魔女の雑草」と恐れられている。

 種子は風に乗って広がり、日本の国土の約1・3倍に当たる5000万ヘクタールもの耕作地が汚染されている。約0・2ミリと微細なため除去は不可能で、熱に強く除草剤も効かない。

 種子は土壌中で数十年にわたって休眠状態となり、イネ科植物の根から出る植物ホルモンに触れると目を覚まし、発芽して寄生。ただ、発芽から4日程度までに寄生できないと枯れてしまう。

 この性質に着目した研究チームは、ストライガだけが反応する人工のホルモンを開発し、種子をまいた植木鉢に散布。寄生する植物がない状態で強制的に発芽させ、枯死させる「自殺発芽」に成功した。ほぼ全ての種子が自殺発芽し、この土にトウモロコシを植えると、ストライガの寄生は起こらず健全に生育した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ