PR

ライフ ライフ

【皇室ウイークリー】(569)陛下、東京五輪の開会式ご回想 雅子さまお誕生日でサプライズ

Messenger
皇太子さまとともに全国高校野球選手権大会の資料をご覧になる皇太子妃雅子さま=4日、東京都港区の東宮御所(宮内庁提供)
皇太子さまとともに全国高校野球選手権大会の資料をご覧になる皇太子妃雅子さま=4日、東京都港区の東宮御所(宮内庁提供)

 天皇陛下は11日、来日したガーナのアクフォアド大統領と皇居・御所で約20分間会見された。宮内庁によると、陛下は、前回東京五輪の開会式で民族衣装を着て入場行進したガーナ選手団の姿が「印象に残っています」と振り返られ、大統領は「2020年に再び東京でオリンピックが開催されることを喜ばしく思っています」と応じた。大統領は細菌学者の野口英世の出身地である福島県猪苗代町を訪れる予定で、会見では、野口英世のガーナでの功績なども話題に上ったという。

 紅葉の時期に合わせて行われていた皇居・乾通りの一般公開が9日、終了した。1日からの期間中、約20万人が訪れ、秋の皇居を楽しんだ。西村泰彦次長によると、天皇、皇后両陛下は3日午後、宮内庁庁舎3階から来訪者たちの様子を楽しそうに眺められたという。桜が見頃を迎える春にも実施する。

 皇室の方々の作品も展示される宮内庁職員組合の文化祭が13日、同庁舎内で始まり、陛下は今年の歌会始で詠んだ御製(ぎょせい)を書いた懐紙、皇后さまは平成16年と22年の御歌(みうた)をしたためた短冊を出品された。皇太子ご夫妻の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは今夏に英国のサマースクールに参加した際に撮った写真数枚を「イートンの夏」と題して展示された。秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは針金と粘土などを用い、トンボを制作された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ