PR

ライフ ライフ

竜王戦第6局、羽生竜王敗れる、大記録は最終局に持ち越し

第31期竜王戦7番勝負第6局に敗れ、大盤解説会場でうつむく羽生善治竜王=13日午後、鹿児島県指宿市
第31期竜王戦7番勝負第6局に敗れ、大盤解説会場でうつむく羽生善治竜王=13日午後、鹿児島県指宿市

 将棋の第31期竜王戦七番勝負の第6局が12、13の両日、鹿児島県指宿(いぶすき)市で指され、先手で挑戦者の広瀬章人(あきひと)八段(31)が羽生善治竜王(48)を破り、対戦成績を3勝3敗のタイに戻した。20、21の両日、山口県下関市で行われる最終第7局で、羽生竜王が勝って防衛すればタイトル獲得通算100期の記録達成となるが、敗れれば27年ぶりの無冠となる。

 羽生竜王は昨年12月の竜王戦で復位し、七大タイトルの永世称号をそろえる「永世七冠」を達成、獲得タイトルを通算99期に更新した。

 しかし、その後に挑戦者となった名人戦で敗れ、棋聖戦では防衛できず棋聖を失冠して竜王のみの1冠となり、大記録を前に足踏みが続いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ