PR

ライフ ライフ

藤井七段、史上最速・最年少で100勝達成、勝率も最高

Messenger
プロ入り最速、最年少、最高勝率で通算100勝を達成して会見する、将棋の藤井聡太七段=12日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館(松本健吾撮影)
プロ入り最速、最年少、最高勝率で通算100勝を達成して会見する、将棋の藤井聡太七段=12日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館(松本健吾撮影)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は12日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)本戦トーナメントEブロック5回戦に勝ち、6回戦で阿部健治郎七段(29)に勝利し、史上最速、最年少、最高勝率で公式戦通算100勝(18敗)を達成した。

 日本将棋連盟によると、16歳4カ月、プロ入り2年2カ月での達成は、永世称号獲得者と中学生デビュー棋士の中で羽生善治竜王(48)の17歳6カ月、同2年3カ月を抜いて史上最速・最年少。勝率8割4分7厘も中原誠十六世名人(71)の8割2分6厘を上回る史上最高となった。

 藤井七段は「ここまで高い勝率で達成できるとは思っていなかった。驚いている。ただ、大きな結果(タイトル獲得)を残せていないのでそれに向けて頑張っていきたい」と話した。

 対局は来年3月5日、同チャンネルで放送される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ