PR

ライフ ライフ

卒業生子女18人を優遇 日大医学部で不適切入試

Messenger
会見で頭を下げる、日本大学医学部の(左から)相沢信・学部次長、高山忠利・学部長、亀井聡・入試実行委員長=12日午後、東京都板橋区(宮崎瑞穂撮影)
会見で頭を下げる、日本大学医学部の(左から)相沢信・学部次長、高山忠利・学部長、亀井聡・入試実行委員長=12日午後、東京都板橋区(宮崎瑞穂撮影)

 文部科学省が実施している医学部入試の緊急調査を受け、日本大は12日、東京都内で記者会見を開き、文科省から不適切との指摘を受けていたことを明らかにし、過去3年で卒業生の子女計18人を優先的に合格させていたと発表した。不正の影響で不合格となった今年と昨年の受験生計10人を追加合格とし、来年4月の入学を認める。

 聖マリアンナ医科大(川崎市)も同日、文科省から不適切な疑いがあると指摘を受けたことを公表した。

 日大によると、一般入試で正規合格者100人と1次の追加合格者30人は成績順に選んでいたが、2次以降の繰り上げ合格者の一部を、医学部の同窓会から提供された子女のリストをもとに医学部長らが優先的に選んでいた。不正による合格者は今年2人、昨年8人、一昨年8人だった。

 都内で会見した高山忠利医学部長は「社会の信頼を損なった」と謝罪。同窓生子女を優先させた理由について「(国立大の合格発表のある)3月になると半分以上抜けるので、早く決めたいという事情があった」と釈明した。今後の入試では補欠順位を公表し再発防止に努めるとしている。

 一方、聖マリ大は一般入試で調査書などを点数化する際、男子や現役生が高い点数となっており、文科省から指摘を受けたことをホームページで公表。「受験生を個々に総合評価した結果」とし、不適切ではないとの見解を示した。

 文科省から不適切との指摘を受けた大学は、発端の東京医科大を含め計10大学となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ