PR

ライフ ライフ

不安な気持ち、ゲーム感覚で“攻略”しよう 小中学校で広がる心理療法

Messenger
アドバイスを受けながら「勇者の旅」と題したワークブックに記入(画像の一部を加工しています)
アドバイスを受けながら「勇者の旅」と題したワークブックに記入(画像の一部を加工しています)

 鬱病や不安障害などの治療で使われる「認知行動療法」という心理療法を活用し、小中学生がゲーム感覚で不安の“攻略法”を学ぶ試みが学校で広がっている。「友達に嫌われているかも」「テストで失敗したらどうしよう」などといった日常的な不安に対処する力を、楽しみながら身に付けられるという。不登校やいじめを防ぐ効果も期待されている。

 消えないピンクの象

 「実験をしましょう。ピンクの象を思い浮かべてください」

 11月上旬、千葉県の松戸市立矢切小学校で菊地祐人教諭(29)が6年生約60人に呼びかけた。数分後、一転して「一切考えないようにしてください」と指示。子供たちは目をつぶって頭の中から象を追い払おうとしたが、「出てきちゃうよー」とぼやく子も。菊地教諭が「考えないようにするのが大変だった人?」と聞くと、一斉に手が挙がった。

 「考えないようにすればするほど余計に考えてしまう」という、不安に陥るときの思考のくせに気付くのがこの呼びかけの狙いだ。

 次の授業では認知行動療法の手法を活用する。「リコーダーのテストに失敗したら笑われる」という事例を取り上げ、「たくさん練習した」「失敗してもクラス全員に笑われるわけではない」など、不安への反論を考え、不安にどう向き合うかを学んだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ