PR

ライフ ライフ

埼大生が考案「みそだれやきとり煮込みうどん」って?

Messenger
12日から発売される「みそだれやきとり煮込みうどん」を考案した埼玉大の学生ら=さいたま市浦和区
12日から発売される「みそだれやきとり煮込みうどん」を考案した埼玉大の学生ら=さいたま市浦和区

 埼玉大の学生と埼玉県東松山市のご当地グルメ「やきとり」を提供する飲食店「ひびき」(川越市)とのコラボによる新商品が12日から「やきとりひびき庵別館 県庁前店」(さいたま市浦和区)のメニューに並ぶ。当面は1日10食のランチメニュー限定で980円(税込み)。3月ごろまでの販売を予定している。

 新商品「みそだれやきとり煮込みうどん」は、「深谷ネギ」「彩たまご」といった県産食材とうどんを「ひびき」の特製味噌(みそ)と八丁味噌のブレンドで煮込み、店の看板メニューの「かしら」を串刺し状態でのせたボリュームたっぷりの一品に仕上がっている。

 考案したのは、埼玉大の授業「課題解決型プログラム」を今年の前期に履修していた学生たちだ。授業では、店側から提示された「12月の売り上げを前年比150%アップさせる戦略商品の開発」という課題解決に向けて、4グループに分かれてそれぞれ商品を考案した。

 パンケーキやチーズタッカルビなどグループごとに異なるさまざまなコンセプトで考えた商品を、ひびきの社員らにプレゼンテーションした。その結果、「みそだれやきとり煮込みうどん」が最優秀に選ばれ、商品化が決まった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ