PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】悲しみの初節句 天皇と皇后の祈りは届かなかった

Messenger
画=筑紫 直弘
画=筑紫 直弘

第78回 内親王薨去

 昭和初期の試練-。それは、若い天皇の私生活にも及んだ。

 金融恐慌がおさまって5カ月余り、昭和2年9月10日に香淳皇后が第2皇女を出産した。昭和天皇の喜びは大きく、祐子(さちこ)と命名し、久宮(ひさのみや)の称号をおくった。

 だが、その喜びは長くは続かなかった。

 香淳皇后の母乳で順調に発育していた祐子内親王が発熱したのは翌3年2月27日。咽頭カタルと診断され、大事に至らないとみられていたが、熱は下がらず、3月5日に容体が急変した。

 その前日から昭和天皇も風邪をひき、39度の高熱で病床にあった。しかし、知らせを受けて気が気でなく、祐子内親王を何度も見舞った。

 以下、昭和天皇実録が書く。

 6日午前《(昭和天皇は)侍医筧繁をお召しになり、祐子内親王と御対顔になりたき旨を仰せになり、(中略)寝衣に掻巻を掛けられ運搬車に御臥のままの御姿勢にて祐子内親王の病室にお成りになり、十時二十三分より十分余り内親王を見舞われる》(15巻30頁)

 7日未明《(昭和天皇に)睡眠困難の御様子が見られる。側近は祐子内親王の病状への御心痛と拝察し、侍医からは睡眠剤を進める》(同頁)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ