PR

ライフ ライフ

評価低い受験生を追加合格 岩手医大、編入試験も優遇

Messenger
記者会見で頭を下げる岩手医科大の祖父江憲治学長(右)ら=8日午前、盛岡市
記者会見で頭を下げる岩手医科大の祖父江憲治学長(右)ら=8日午前、盛岡市

 岩手医科大は8日、文部科学省による医学部入試の緊急調査で、合格者の最終決定時に不適切な運用をした疑いがあると指摘されたと発表した。面接などを含めた総合評価で不合格者より評価が低い受験生を追加合格にしたり、編入試験で同医大歯学部出身の受験生を優遇したりしていた。

 記者会見で佐藤洋一医学部長は、歯学部出身者の優遇について「在学中の学習姿勢や地域医療への定着率を評価したもので、大学の裁量の範囲。ただ、募集要項に明記していなかったのは真摯に受け止める」と釈明した。

 緊急調査は東京医科大の不正入試の発覚を受け、医学部を持つ全国の大学を対象に実施。文科省は中間報告で、募集要項で説明せずに、特定の受験生の合否を操作することなどを不適切とする判断基準を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ