PR

ライフ ライフ

【本ナビ+1】栄華の影にわだかまる「恐れ」 ライター、永青文庫副館長・橋本麻里

Messenger

                   ◇

 ■『後白河天皇 日本第一の大天狗』美川圭著

 『闇の日本美術』が描く、光と闇の螺旋の中心に立つ者こそ後白河上皇だ。

 武士の台頭に翻弄された古代最後の王、または権謀術数にたけた政治家、文化の政治性を理解・把握した文化王と、その姿は研究の進展とともに変化してきた。そして本書に、現時点での後白河像が集約されている。(ミネルヴァ書房・2800円+税)

                   ◇

【プロフィル】橋本麻里

 はしもと・まり 神奈川県生まれ。新聞、雑誌への寄稿の他、NHKの美術番組を中心に日本美術を楽しく、わかりやすく解説。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ