PR

ライフ ライフ

自由の象徴、インドの「カディ」 優しい風合い心地よく

Messenger

 熟練職人の手仕事

 また、上質なテキスタイル(生地)にこだわるイッセイミヤケグループのブランド「HaaT(ハート)」では、日本の生地に次いで使うのがインド綿だ。現地の熟練職人による手仕事にこだわりを持ち、インド製の服にはヒンディー語で「手」を意味する「HaaTH(ハース)」というタグが付いている。今年は「カディ」を使ったシャツやワンピース、ストールを展開。来年春夏のコレクションでは、インド綿の生地に「ビリ」と呼ばれるミシン刺繍(ししゅう)を施したシャツやスカート、ワンピースを展開している。

 間もなくガンジー生誕から150年。かつてインドの人々を自由へと導いたカディは今、日本の女性の肌を優しく包んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ