PR

ライフ ライフ

自由の象徴、インドの「カディ」 優しい風合い心地よく

Messenger
自由の布と呼ばれる綿織物「カディ」がジャケットとパンツに。働く女性の体を優しく包む=東京都豊島区のファブリックマザーハウス池袋東武店(三尾郁恵撮影)
自由の布と呼ばれる綿織物「カディ」がジャケットとパンツに。働く女性の体を優しく包む=東京都豊島区のファブリックマザーハウス池袋東武店(三尾郁恵撮影)

 輸入雑貨店で見る、派手な色柄のチュニックやスカート-。そんなイメージのあった“メイド・イン・インディア”の服が、素材や手仕事の丁寧さで日本のブランドに注目され、シックなシャツやジャケットになっている。中でも注目なのが、自由の布と呼ばれるインド綿生地を使ったものだ。(津川綾子)

 途上国を生産拠点にし、都会の女性が使いやすいアイテムを展開するブランド「マザーハウス」(東京都台東区)が今年9月にスタートしたアパレルシリーズ「ファブリックマザーハウス」。このシリーズの主力商品は、インドに伝わる手紡ぎ・手織りの綿の布「カディ」を用いたシャツやジャケットなどだ。タグには「FABRIC OF FREEDOM(自由の布)」と書かれている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ