PR

ライフ ライフ

腹腔鏡と内視鏡の合同手術 最小限の切除で胃を残す

Messenger
腹腔鏡内視鏡合同手術の現場。左の2人が内視鏡を担当、右の3人が腹腔鏡を担当している=東京都江東区のがん研究会有明病院(同病院提供、画像の一部を加工しています)
腹腔鏡内視鏡合同手術の現場。左の2人が内視鏡を担当、右の3人が腹腔鏡を担当している=東京都江東区のがん研究会有明病院(同病院提供、画像の一部を加工しています)

 手術の範囲を小さくすることは、患者の体への負担を軽減し、生活の質を高めることにつながる。胃の腫瘍を、口から入れた内視鏡とおなかから入れた腹腔(ふくくう)鏡で協力して切除する手法が開発され、良好な成績を収めている。開腹が不要で切除が最小限で済むため胃が温存され、手術後も食欲、体力を保つことができるのが最大の利点だ。この手術の開発、普及に当たる専門家に聞いた。

 ■生活の質低下

 この「腹腔鏡内視鏡合同手術」は英語の頭文字からLECS(レックス)と呼ばれる。今のところ、胃の粘膜下に発生する消化管間質腫瘍(GIST=ジスト)や早期の胃がんなどが対象だ。国立がん研究センターによると、日本でGISTの患者は10万人に1、2人とされる。

 レックスを開発したがん研究会有明病院(東京)の比企直樹胃外科部長によると、小さな粘膜下腫瘍は、以前には経過観察することも多かった。だが、半年ごとの検査は患者の負担もコストも大きい。小さくても転移する恐れがあることも分かり、早期手術が主流になった。

 とはいえ、開腹手術では少なくとも胃の3分の1を切除する。胃が変形して食べ物が通らなくなったり、胃から分泌されるホルモンが失われたり、逆流性食道炎が起きたりする。食べられなくなれば、筋力の衰えや体重低下が起き、生活の質は大きく低下する。

 ■弱点補い合う

 より負担の小さい方法はないか。おなかに開けた穴から挿入した腹腔鏡による手術、口から入れた内視鏡による切除がそれぞれ開発されたものの、それぞれの手法に弱点があった。

 比企さんによると、腹腔鏡手術では、腫瘍が胃の内側に膨らむと患部が見えない。腫瘍に切り込んでは、取り残しや転移の危険が高まるので、安全のためどうしても切除範囲が広くなる。

 一方、内視鏡による切除で多数の実績があり、今ではレックス手術も手掛けている北里大病院(相模原市)消化器センター長の田辺聡教授は「胃壁に穴を開けてしまうと、内視鏡では患部を縫い合わせられない。切除には細心の注意が必要で、対象の腫瘍の大きさも限られていた」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ