PR

ライフ ライフ

外来種カマキリ 奈良でも初確認 中国原産

Messenger

 成虫は9~10月頃に産卵するため、冬に見つかるのは卵が多い。卵は白と黒のしま模様で、蝶のさなぎのように木の枝先に立った状態で産みつけられているのが特徴という。

 成虫は殺虫剤で、卵はゴミ箱に捨てて焼却処分するのが望ましい。同館では分布域を調査しており、担当者は「ムネアカハラビロカマキリか、それとおぼしきカマキリや卵を見つけたら、連絡してほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ