PR

ライフ ライフ

2人が食中毒症状 1人は入院 茨城・古河市の飲食店

Messenger

 茨城県は6日、同県古河市東の飲食店「はたがやレバー古河店」で飲食した50代の男性2人が下痢や腹痛、発熱などの症状を訴えたと発表した。このうち1人がまひや呼吸困難を伴うギランバレー症候群と診断され、同県つくば市内の病院に入院している。

 県生活衛生課によると、2人は11月2日に同店で牛のレバ刺しや串焼きなどを食べた。県衛生研究所の検査で2人から原因菌のカンピロバクター・ジェジュニを検出。古河保健所は今月6日、同店の料理が原因の食中毒と断定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ