PR

ライフ ライフ

「今年の一皿」はサバ 缶詰人気、町おこし活用も

Messenger
「今年の一皿」に選ばれたサバ=6日午後、東京都内のホテル
「今年の一皿」に選ばれたサバ=6日午後、東京都内のホテル

 食をめぐる調査・研究を行っている「ぐるなび総研」(東京)は6日、平成30年の世相を最も反映した「今年の一皿」に「サバ」を選んだと発表した。

 サバは血流などに良い栄養素が豊富に含まれる健康食品として近年、缶詰を中心に人気が高まっている。総研によると、災害で缶詰の重要性が注目され、サバ缶の価値が改めて認知されたことなどが選定理由。サバ缶がさまざまなアレンジで家庭料理に取り入れられ、サバのブランド化を町おこしに活用する動きが盛んになっていることも評価された。

 水産関係者で構成する大日本水産会の白須敏朗会長は同日の授賞式に登壇し「サバは日本の魚食文化を見直していく救世主。健康、美容に良く、食べておいしく、三拍子そろっている」と喜んだ。

 飲食店情報サイト「ぐるなび」での検索数などを基に、会員へのアンケートやメディア関係者の審査を経て、決めた。今年はほかに「高級食パン」「国産レモン」「しびれ料理」が候補だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ