PR

ライフ ライフ

本庶・アリソン両教授の免疫治療薬、併用療法で効果増大

Messenger

 重篤な副作用に注意も

 併用療法はメラノーマ、腎細胞がんとも、根治切除不能で、化学療法(抗がん剤)未治療の段階の患者を対象に承認された。併用療法について北野医師は「従来の抗がん剤治療を経ずに、自己の免疫力がより強く残っている段階の1次治療から使えるのが大きな利点」と指摘する。

 免疫チェックポイント阻害剤の研究はアリソン教授がやや先行したが、本庶特別教授らのグループもオプジーボの研究を結実させ、ノーベル賞は同着となった。

 ただ、併用療法は効果が高まる一方、約半数の患者でさまざまな種類の重篤な副作用も報告されている。また、現段階ではすべてのがんに適用されていないことも留意すべきことだ。北野医師は「効果や副作用について主治医とよく話し合ってから治療を受けていただきたい」とアドバイスする。(編集委員 大家俊夫)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ