PR

ライフ ライフ

女流本因坊、藤沢里菜が返り咲き…謝依旻は11年ぶり無冠

Messenger

 台湾出身の謝は16年、14歳4カ月でプロ入り。18年には17歳1カ月の女流棋士史上最年少(当時)で女流最強位を獲得。9連覇した女流名人や女流本因坊、女流棋聖でぞれぞれ5連覇以上して「名誉称号」を名乗る資格をもっている。28年には5つある女流タイトルを独占するなど、長く女流囲碁界の第一人者だった。タイトル通算27期は、女流棋士の歴代最多だ。

 しかし、29年の女流名人戦で藤沢女流本因坊に敗れ10連覇を阻止されると、今年1月の女流棋聖戦では上野愛咲美(あさみ)二段(17)に敗れ1冠のみに後退していた。

 タイトルを連続して保持するのは、加藤正夫名誉王座(1947~2004年)の14年6カ月が最長で、謝の11年1カ月は史上4位だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ