PR

ライフ ライフ

医師働き方改革「勤務間インターバル義務化」厚労省方針 

Messenger
医師の働き方改革案のポイント
医師の働き方改革案のポイント

 残業は上限超えの特別設定

 厚生労働省は5日、医師の働き方改革に関する有識者の検討会に、一般の労働者の上限を超えて医師に特別な残業時間を設定する方針を示した。地域医療の核となる病院の医師や、専門技能を学ぶ若手はさらに上限を緩和。代わりに健康を確保するため、終業から次の始業まで一定の時間を確保する「勤務間インターバル制度」の導入を義務付ける案も提示した。

 医療現場は24時間365日、患者の求めに応じる必要があり働き方が特殊なため、来春施行の働き方改革関連法の対象から5年間除外されている。同法では、単月100時間未満、2~6カ月平均月80時間以内の残業規制があり、違反すれば罰則が科せられる。これらの時間水準は「過労死ライン」と呼ばれる。

 厚労省の案では、過労死ラインを越えることを認め、「やむを得ず許容する水準」と位置付ける。充実した健康確保措置を設け、「1日6時間程度」という勤務日に最低限の睡眠時間を確保することも盛り込んだ。厚労省によると、医師の養成には10年程度かかり、急激な労働時間の短縮に取り組めば、一部の地域で十分な医療を提供できなくなるという。具体的な水準は年内に示す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ