PR

ライフ ライフ

ランドセル、今年も「伊達直人」から…山形の市役所

Messenger

 「南陽市の人だと思います」 

 南陽市の伊達直人さんが贈ったランドセルは今年で44個になる。市総務課の加藤由和主任(37)は「全国で流行(?)した伊達直人さんではなく、この人は南陽市の人だと思います。なぜなら、いつも『南陽市の未来へ』と書き添えてありますから」と見る。

 南陽市役所には今年も伊達直人名の心温まる善意のランドセルが届けられた。市は、市役所1階のすこやか子育て課前にランドセルと伊達直人さんの善意をプレートで説明し7日まで展示する。

 銀、紺、紫、赤…と輝いてもみえる4つのランドセルは、これまでのランドセルと同様、経済的な理由でランドセル購入が難しい家庭に贈られる予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ