PR

ライフ ライフ

平成最後の献上リンゴの選果・箱詰め

Messenger
かすり姿の女性たちが1個ずつ丁寧に磨き、箱詰めした=5日、青森県黒石市(福田徳行撮影)
かすり姿の女性たちが1個ずつ丁寧に磨き、箱詰めした=5日、青森県黒石市(福田徳行撮影)

 地方独立行政法人・青森県産業技術センターりんご研究所(黒石市)で5日、天皇、皇后両陛下をはじめとする皇室に献上される今年産リンゴの選果と箱詰め作業が行われた。平成最後となる献上リンゴは、県東京事務所を通じて7日に届けられる。

 昭和3(1928)年から始まった献上リンゴは、今年で74回目を迎える。今年は「ふじ」「王林」「ジョナゴールド」「紅玉(こうぎょく)」の詰め合わせ1箱10キロ(約28個)を宮内庁、東宮御所、各宮家にそれぞれ献上。この日は、同研究所のリンゴ畑を管理している女性6人が伝統のかすりの着物に白い手袋をして1個ずつブラシで汚れを落とし、ガーゼで丁寧に磨き上げた後、和紙とネットに包み、段ボールに箱詰めした。

 同研究所によると、今年は春先からの不安定な天候で品質への影響が心配されたが、順調に生育したという。今村友彦所長は「玉伸び、着色も良く仕上がった。おいしく召し上がっていただければと思います」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ