PR

ライフ ライフ

本庶さん「授賞式楽しみ」関空からストックホルムへ出発

Messenger
ストックホルムへの出発を前に会見する本庶佑特別教授(京都大)=5日午前、大阪府泉佐野市の関西国際空港(寺口純平撮影)
ストックホルムへの出発を前に会見する本庶佑特別教授(京都大)=5日午前、大阪府泉佐野市の関西国際空港(寺口純平撮影)

 がん免疫療法の開発で今年のノーベル医学・生理学賞を受賞する京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)が5日午前、授賞式が開かれるスウェーデン・ストックホルムに向け関西国際空港を出発した。本庶さんは出発に先立ち記者会見し、さまざまな行事が行われるノーベルウイークについて「大変楽しみにしている。気楽にやれれば」と笑顔で語った。

 本庶さんには家族や共同研究者、京大の山極(やまぎわ)寿一(じゅいち)総長らが同行。滞在は約1週間の予定で、授賞式のほか記念講演や記者会見などが予定されている。7日の記念講演には、日本や米国などから元同僚の研究者や友人らが駆けつけるという。

 10日の授賞式や晩餐会(ばんさんかい)などには和服で臨むといい、心境について「ビデオや動画を見ても授賞式は大変華やか。私もこれまでいろんな賞をもらったが、あれほど大がかりなパフォーマンスをするところはない。どういうふうになるのか楽しみだ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ