PR

ライフ ライフ

滋賀・竜王町でボランティアが高齢者を送迎 免許証返納促す

Messenger
高齢者を車でスーパーなどに送迎する「お出かけ支援事業」=11月21日、滋賀県竜王町
高齢者を車でスーパーなどに送迎する「お出かけ支援事業」=11月21日、滋賀県竜王町

 高齢ドライバーの事故が相次ぎ、運転免許証の返納を促す動きが広がる中、滋賀県竜王町ではボランティアが高齢者を車でスーパーなどに送迎する「お出かけ支援事業」を通じ、返納後の課題となっている移動手段の確保に地域を挙げて取り組んでいる。事業を運営する地元のボランティアグループ「りんりんちょボラ」代表の赤佐丸彦さん(65)は「高齢者が安心して免許証を返納できるような地域にしたい」と意気込んでいる。(花輪理徳)

買い物支援まで

 11月21日午前11時、りんりんちょボラの職員が竜王町の林公民館に「お出かけ支援便」のステッカーを貼った車を乗り付けた。「スーパーに車出しますよ」と呼びかけると、健康体操の集まりを終えた高齢者が続々と車に乗り込んでいった。

 スーパーに着くと、りんりんちょボラの職員が一人一人に買い物カートを渡し、荷物が多いときは車への積み込みも手伝う。利用者の巻本君江さん(81)は「自分で運転するのは怖いのでありがたい」と喜ぶ。

 340人いる住民の32%を65歳以上の高齢者が占める竜王町林地区。近くのバス停に停まるバスは1時間に1本だけで、最も近いスーパーまで約3キロある。

 林地区では昨年から、りんりんちょボラの職員が高齢者を車に乗せて買い物などに連れ出す「お出かけ支援事業」を行っている。公民館で水曜日に開かれる健康体操の集まりの後にスーパーまで運行する2週間に1回の「定期便」と、隣接市町までリクエストに応じて運行する「予約便」を用意しており、毎回3~4人の高齢者が利用。燃料代など運行にかかる費用は町からの補助金や利用者の寄付によってまかなっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ