PR

ライフ ライフ

藤井聡太七段「日々、精進していきたい」 新人王表彰式で

Messenger
記念撮影する(左から)将棋第49期新人王の藤井聡太七段、囲碁第43期新人王の広瀬優一二段=4日、東京都港区(萩原悠久人撮影)
記念撮影する(左から)将棋第49期新人王の藤井聡太七段、囲碁第43期新人王の広瀬優一二段=4日、東京都港区(萩原悠久人撮影)

 将棋の第49期新人王と囲碁の第43期新人王の表彰式が4日、東京都港区の明治記念館で行われ、新人王に輝いた将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が囲碁の広瀬優一・二段(17)とともに出席した。

 表彰式には関係者約170人が出席。杉本昌隆七段(50)ら師匠2人の祝辞に続いて謝辞に立った藤井七段は「最後の新人王戦出場の機会を優勝という形で卒業でき、うれしい。新人王はトップ棋士への登竜門ということで日々、精進していきたいと思います」と述べた。

 藤井七段は10月、新人王戦最年少優勝記録を31年ぶりに更新する16歳2カ月で優勝。新人王戦の参加資格は「26歳以下」「六段以下」などで、参加が認められた時点は四段だったが、七段まで昇段したため、今期が最後の参加となった。

 囲碁の新人王となった広瀬二段はプロ3年目で初のタイトル獲得となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ