PR

ライフ ライフ

華やかな山車、夜の街彩る 秩父夜祭 埼玉

Messenger
秩父夜祭で冬空に花火が次々と打ち上がる中、集結した山車=3日夜、埼玉県秩父市(宮崎瑞穂撮影)
秩父夜祭で冬空に花火が次々と打ち上がる中、集結した山車=3日夜、埼玉県秩父市(宮崎瑞穂撮影)

 京都の祇園祭、岐阜の高山祭とともに日本三大曳山(ひきやま)祭りとして知られる埼玉県秩父市の秩父夜祭(よまつり)のクライマックスである「大祭」が3日夜、行われ、豪華絢爛(けんらん)な山車が夜の街を彩った。

 極彩色を施した屋台4基と笠鉾(かさほこ)2基の山車が日没を待って秩父神社を出発。冬空に花火が打ち上がる中、急坂を上りきると、歓声が上がった。主催者によると、この日の人出は約18万8千人だった。

 秩父夜祭は約300年の歴史を持ち、一昨年、夜祭を含む33件の「山・鉾・屋台行事」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ