PR

ライフ ライフ

【マンスリー将棋】豊島王位、二冠にも「まだまだ」

Messenger
王位就位状を手にする豊島将之王位
王位就位状を手にする豊島将之王位

 将棋の豊島将之(とよしま・まさゆき)王位(28)=棋聖=の就位式が11月14日、東京・日比谷公園内の松本楼で開かれた。「第59期王位戦七番勝負」で9月、菅井竜也王位(26)を4勝3敗で破り、初の王位を獲得。八大タイトルを8人で分け合っていた「群雄割拠」から一歩抜けだし、唯一の二冠となった。会場には多くの将棋関係者が祝福に駆けつけた。

 挨拶に立った日本将棋連盟の佐藤康光会長(49)は「棋聖と合わせて二冠、おめでとうございます。気合を前面に打ち出す菅井さんとポーカーフェースの豊島さんとの対戦は豊島さんが王位を獲得され、二冠になりました。これからも棋界を引っ張っていただき、新しい将棋をつくってもらいたい」とエールを送った。

 謝辞に立った豊島王位は「今期の王位戦は7局とも大変な内容でした。特に印象に残っているのは第6局と第7局。第6局では、はっきりと負けの局面があり、自分にとっては幸運だった。7局目は自分の持っている以上の力を出すことができ、自分の理想とする将棋を指すことができた」と振り返った。将棋界で現在、唯一の複数タイトルを持つ豊島王位だが、「まだまだ実力的には至らないところばかり。これから少しずつ実力をつけていきたいと思います」と気を引き締めていた。

 師匠の桐山清澄九段(71)は「最終局まで一進一退の厳しい戦いが続き、体調を心配しましたが、杞憂(きゆう)に終わりました」と、ほっとした様子だった。(田中夕介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ