PR

ライフ ライフ

【皇室ウイークリー】11月23日~29日 両陛下、24年ぶりねむの木学園へ 「水と災害」皇太子さまがご聴講

Messenger

 両陛下が学園を後にする際、園生らは両陛下の後ろを歩きながら歌で見送り、両陛下は手を振るなどして別れを惜しまれた。

 その後、両陛下は袋井市に移動し、同市出身の医師でベトナム独立運動を支援したファン・ボイ・チャウと交流があった浅羽佐喜太郎(さきたろう)の記念碑やゆかりの展示を見学された。両陛下は昨年3月、ベトナムを訪問した際、チャウの記念館にも足を運ばれている。陛下はチャウについて担当者に「どのくらい日本にいたんですか」と質問を重ねられていた。

 両陛下は28日、外国人学習支援センター(浜松市)を訪問し、外国人向けの日本語の授業や、支援する日本人ボランティアの養成講座を見学された。陛下はテーブルを回りながら、ボランティアの女性に「日本での滞在が楽しいものであることが大事ですね」と労をねぎらわれた。

 この日は同市内の楽器博物館もご見学。インドネシアの打楽器などの合奏を鑑賞された。ピアノで皇后さまが作詞された「ねむの木の子守歌」が披露される“サプライズ”もあり、両陛下は笑顔で拍手を送られた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ