PR

ライフ ライフ

ゲノム編集で国際会議 中国研究者「健康な子生まれた」

Messenger
香港で開かれた国際会議で講演する中国・南方科技大の賀建奎副教授=28日(ロイター)
香港で開かれた国際会議で講演する中国・南方科技大の賀建奎副教授=28日(ロイター)

 遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術を病気の治療に使うことについて、倫理的な課題を議論する国際会議が28日、香港で開かれた。この技術を人の受精卵に適用し、今月に双子の女児が誕生したと主張している中国の南方科技大の賀建奎副教授も登壇し、改めて健康な子が生まれたと述べた。

 賀氏はこれまでのAP通信の取材に対し、不妊治療中だった7組のカップルの受精卵に、エイズウイルス(HIV)感染を抑止するための遺伝子改変を施し、うち1組が出産したと説明していた。一方、研究論文を発表しておらず、治療を実施したかどうか疑問視する見方もある。

 ゲノム編集技術は病気の治療への応用が期待されているが、受精卵に使うことに対しては予期せぬ影響が後世に引き継がれる恐れがあるため、慎重論が多い。

 中国科学技術省幹部は27日、事実なら違法との認識を示し、出産が確認され次第、関連法に基づいて処分することになると指摘した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ