PR

ライフ ライフ

iPS脊髄損傷治療 慶応大が正式了承 来年にも移植

Messenger

 国内の脊髄損傷患者は年間約5千人で、重度の場合は車椅子生活を強いられる。有効な治療法はなく、新たな治療法の開発に大きな期待が寄せられている。

 チームは重度の脊髄損傷を起こしたサルで実験し、後脚で立ち上がり、握力を回復させることに成功。iPS細胞を使った移植はがん化が懸念されるが、マウスの実験でがん化しないことも確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ