PR

ライフ ライフ

高齢者、冬場の入浴に注意 浴槽で死亡、年4千人超

Messenger

 「いい風呂の日」と呼ばれる11月26日を前に、消費者庁は高齢者に入浴に注意するよう呼び掛けている。意識を失って溺れるなどし、浴槽で死亡したケースは平成28年に65歳以上で4821人に上った。同年に交通事故に巻き込まれて死亡した65歳以上の3061人を上回っている。

 同庁消費者安全課によると、浴槽での死亡事故の約7割は11月から翌3月の間に発生。脱衣所や浴室と、湯を張った浴槽との温度差が大きく、血圧が急激に変化することが原因とみられる。地域差はそれほどなく、温暖な地域でも起きている。

 消費者安全課は、注意点として(1)脱衣所や浴室を暖める(2)湯温を41度以下にし、漬かるのは10分までにする(3)浴槽から急に立ち上がらない(4)飲食直後や、精神安定剤、睡眠薬の服用直後は入浴しないようにする-などを挙げている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ