PR

ライフ ライフ

藤井聡太七段、叡王戦本戦1回戦 斎藤慎太郎王座に敗れる

Messenger
叡王戦本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎王座(右)に敗れ、対局を振り返る藤井聡太七段=23日午後、大阪市福島区の関西将棋会館
叡王戦本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎王座(右)に敗れ、対局を振り返る藤井聡太七段=23日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は23日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された叡王戦本戦トーナメント1回戦で先手の斎藤慎太郎王座(25)に135手で敗れた。叡王戦は、藤井七段が勝ち進めば、年度内にタイトル挑戦を決める可能性を残す棋戦だった。連勝は9でストップし、公式戦通算成績は98勝18敗となった。

 この日、序盤で互いの角を交換する「角換わり」で、序中盤は斎藤王座が巧みに攻めていたが、終盤、藤井七段が脅威の粘りをみせ、斎藤王座に猛攻をかけた。しかし、最後は正確に差し回した斎藤王座に寄せきられた。

 藤井七段は7月、王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝で斎藤王座に敗れており、今回で2敗となった。

 終局後、斎藤王座は「勝ち筋に入ったと思ったが、安全勝ちを目指して踏み込みを欠いた手もあった。最後は負けてもおかしくなかった」と感想を語った。

 藤井七段は「(終盤の追い上げで)際どいところも出てきたと思ったが、やはり一歩及ばなかった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ