PR

ライフ ライフ

【長野・須坂市動物園】オグロプレーリードッグの「クレソン」 寒いと寝床から出て来ません

Messenger

 オグロプレーリードッグの獣舎は、皆さんから見える「運動場」と見られない「寝室」があって、運動場と寝室を自由に行き来して暮らしています。

 この時期、朝はとても寒いので、私たちも布団から出るのが辛いですが、プレーリードッグもなかなか寝室から出てきません。

 夏季だと午前7時前から、運動場に出てくるのに、冬季になると同10時過ぎまで、出てこないこともあります。寝室に帰る時間も、夏季は午後6時過ぎ、冬季は同2時前です。

 寝室の中はどうなっているのかというと、干し草がたっぷりと敷かれています。もともと、地面に巣穴を掘って生活する動物なので、干し草をうまく自分たちで整え、中に潜って寝ています。

 冬季はあまり、プレーリードッグの姿をお見せすることができず、申し訳ありません。でも、今朝のご自分の姿を思い出して、大目に見てあげてください。(オグロプレーリードッグ担当 矢嶋里歩)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ