PR

ライフ ライフ

魚まつり・メニュー紹介(6)「まんてん」の「深海魚てんぷら」

Messenger

前のニュース

【第4回JAPAN FISHERMAN'S FESTIVAL 全国魚市場&魚河岸まつり】深海魚てんぷらのセット=22日、東京・日比谷(荻窪佳撮影)
【第4回JAPAN FISHERMAN'S FESTIVAL 全国魚市場&魚河岸まつり】深海魚てんぷらのセット=22日、東京・日比谷(荻窪佳撮影)

 日本各地の魚介料理を堪能できる第4回「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2018~全国魚市場&魚河岸まつり~」が25日まで、日比谷公園で開催されている。

 深海魚であるメヒカリの加工などを行っている食品製造会社「まんてん」(愛知県豊橋市)は、「深海魚天ぷら」を出品する。深海生物が多く観賞できることから有名になった竹島水族館(愛知県蒲郡市)とコラボした一品で、今回が初登場だ。

 愛知県蒲郡市の形原漁港などで獲れるメヒカリ、ニギス、クロムツ、カガミダイ、ジンケンエビを天ぷらにして、メヒカリの魚醤(ぎょしょう)を天つゆにして食す。臭みがなく、だしのきいた魚醤が、味を引き立たせる。

 メヒカリは食べやすく、カルシウム、鉄分が多い。クロムツは脂がのっている。カガミダイは天ぷらには最適。800円。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ