PR

ライフ ライフ

魚まつり・メニュー紹介(5)「日本アヒージョ協会」の「アヒージョ和え麺」

Messenger

前のニュース

第4回JAPAN FISHERMAN'S FESTIVAL 全国魚市場&魚河岸まつりの会場=22日、東京・日比谷(荻窪佳撮影)
第4回JAPAN FISHERMAN'S FESTIVAL 全国魚市場&魚河岸まつりの会場=22日、東京・日比谷(荻窪佳撮影)

 日本各地の魚介料理を堪能できる第4回「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2018~全国魚市場&魚河岸まつり~」が22~25日、日比谷公園で開催される。

 アヒージョとは、スペイン料理で具材をオリーブオイルとニンニクで煮込んだもの。スペインの居酒屋で出される小皿料理(タパス)の代表的なものだ。「日本アヒージョ協会」(墨田区)による自信の品は、アヒージョと「和」と「麺」を融合した「アヒージョ和(あ)え麺」。

 オリーブオイルとニンニクで、カキ、アサリ、キノコ、カニを煮込む。そのオイルを、日本の麺つくりの技術を生かした自家製中太麺と絡めて食べる。コシがあり、独特の味わいがある自家製麺とオリーブオイルの相性は抜群。隠し味に使った「和のテイスト」は「食べてからのお楽しみ。良いコラボレーションができたと思います」と同協会。700円。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ