PR

ライフ ライフ

魚まつり・メニュー紹介(4)「みなほっの杜」の「豪華!北海8種盛り海鮮丼」

Messenger

前のニュース

【第4回JAPAN FISHERMAN'S FESTIVAL 全国魚市場&魚河岸まつり】豪華海鮮8種盛丼 =22日、東京・日比谷(荻窪佳撮影)
【第4回JAPAN FISHERMAN'S FESTIVAL 全国魚市場&魚河岸まつり】豪華海鮮8種盛丼 =22日、東京・日比谷(荻窪佳撮影)

 日本各地の魚介料理を堪能できる第4回「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2018~全国魚市場&魚河岸まつり~」が22~25日、日比谷公園で開催される。

 「豪華!北海8種盛り海鮮丼」は、北海道産などの魚介をぜいたくに使った丼で、イクラ、紅鮭、ホタテ、活(かつ)じめタコ、ホッキ貝、蒸しウニ、エビ、ズワイガニの8種で海鮮丼をつくる。出品する南北海道地産物流協同組合「みなほっの杜」(北海道森町)は「函館朝市の雰囲気を味わってもらいたい」と話す。

 水揚げされた後、すぐに加工処理した活じめタコは抜群の歯応えという。具材は「これこそイクラの味」などと自慢できるほどの新鮮なものをそろえ、「本物の味を口にできます」と同組合。昨年出品の「北海5種盛り」から、グレードアップした一品は2600円。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ