PR

ライフ ライフ

「乙女グラフィー」31歳女性写真家が問う「若さって何?」

Messenger
山本春花著「乙女グラフィー」(スタンダーズ)から
山本春花著「乙女グラフィー」(スタンダーズ)から

 帯に大書きされた「老けたくない。」の文字。「乙女グラフィー」は、脚注などなく、どのページも若くて美しい女性たちの素のままの表情を活写した写真がひたすら掲載されている写真集だ。にもかかわらず、なぜ「老けたくない。」なのか-。

背中の肉の恐怖

 「乙女グラフィー」は、写真家の山本春花さん(31)の作品集。自身のインターネットで、平成26年から連載している同名ブログに載せた写真をまとめて書籍化した。

 26歳の夏だった。新調した水着を自宅で試着し、鏡に映った自分の背中に衝撃を受けた。水着のラインに「肉が乗っている」。まじまじと顔を見れば、目尻に小じわもあった。「老い」を自覚した。

 カメラマンになるのだと宣言し、大学を出てから3年間勤めた旅行代理店を退社した。すぐに写真の仕事があるはずもなく、アルバイトで生計を立てていた。

 「何もない中、若さしか残っていないと無意識に思っていた。その武器がなくなったと知って恐怖を感じた」

 “若さの喪失”と向き合うことを、写真の仕事に結びつけたいと考えた。自分より若い20代の女の子を写すことで、自分の「老い」と向き合うことをテーマにした「乙女グラフィー」をネット上で始めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ