PR

ライフ ライフ

羽生竜王、公式戦2千対局目を勝利

Messenger
羽生善治竜王
羽生善治竜王

 将棋の羽生善治竜王(48)は21日に東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された、阿久津主税(ちから)八段(36)との第77期名人戦A級順位戦が公式戦通算2千局目となった。史上7人目で、プロ入りから最速の32年11カ月、最年少の48歳1カ月での到達。勝率も7割9厘で最高となる。対局は羽生竜王が勝利した。

 日本将棋連盟によると、これまで2千対局を達成したのは谷川浩司九段、内藤國雄九段ら6人。最速、最年少は谷川九段の37年8カ月、52歳4カ月で、最高勝率は大山康晴十五世名人の6割6分4厘だった。

 羽生竜王は昭和60年、15歳で史上3人目の中学生プロ棋士としてデビュー。平成8年2月に初の全七冠を制覇し、昨年12月には史上初の「永世七冠」を達成した。今年2月には将棋界初の国民栄誉賞も受賞した。これまで獲得したタイトルは歴代1位の通算99期に上り、現在行われている竜王戦七番勝負で前人未到の100期に挑んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ