PR

ライフ ライフ

「愛情の深さ感動」 津川・朝丘夫妻のお別れの会

津川雅彦さんと朝丘雪路さんの「合同葬お別れの会」で飾られた祭壇=21日午前、東京都港区の青山葬儀所(高橋朋彦撮影)
Messenger

 映画「マルサの女」など多くの作品で幅広い役柄を味わい深く演じ、今年8月に78歳で死去した名優、津川雅彦さんと、愛嬌(あいきょう)あふれる性格で女優や歌手として活躍し、4月に82歳で死去した妻、朝丘雪路さんの「合同葬お別れの会」が21日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。

 広い交友関係のあった2人をしのび、俳優の奥田瑛二(えいじ)さん(68)やジャーナリストの櫻井よしこさんら多くの関係者やファン約1100人が参列した。

 祭壇では笑顔の2人の遺影を約4千本のユリやキキョウ、カーネーションが色鮮やかに囲む。

 津川さんと40年来の友人だった奥田さんは弔辞で「この世はワンダー(不思議)だ。しかもワンダーがフル(いっぱい)なんだ。人生は最高だ。そんな気持ちで俺は役者をやっている」と語った津川さんの人生観を紹介。「もう顔は見えないけれど、ずっと(津川さんの生き方を)心に焼き付けていきたい」と遺影に語りかけた。歌手の五木ひろしさん(70)は「朝丘さんが亡くなってすぐに後を追うようにして逝かれた津川さんの愛情の深さを感じ、感動しています」と静かに語った。

 また、親交のあった安倍晋三首相も駆け付けて献花し「(津川さんには)拉致問題のボランティアで中心的な役割を担っていただいた。晩年は世の中に種をまくことを大切にしていた気がする」と津川さんをしのんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ