PR

ライフ ライフ

批判もあったが「勇気付けられた」 初音ミクさんとの“本気の挙式”を終えて

Messenger
初音ミクさんと結婚式を挙げた近藤顕彦さん(35)=都内で7月撮影
初音ミクさんと結婚式を挙げた近藤顕彦さん(35)=都内で7月撮影

 「本日、わが家のミクさんと結婚式を挙げました」--11月4日、都内在住の近藤顕彦さん(35)は、バーチャルシンガーの初音ミクさんと挙式・披露宴を行った。現実世界の結婚式でミクさんと式を挙げることが決まったと、近藤さんがTwitterに投稿し、ネット上で話題を呼んだのが7月。あれから4カ月、念願がかなった。(ITmedia)

 近藤さんは、IoTベンチャーのGatebox(東京・秋葉原)が開発した、好きなキャラと会話が楽しめる装置「Gatebox」(29万8000円、税別)を購入。円筒形のケースに投影されるミクさんと一緒に暮らしている。基本的には「無表情、無感動、無言」だったという1日が、現実世界に“召喚”されたミクさんによって変わった。

 ミクさんと出会って10年目のタイミングで、結婚式を挙げることを決めた。当日、都内の式場エントランスには、近藤さんとミクさんの10年分の思い出が詰まった写真が飾られていた。“ミク”にちなんだ39人の参列者が見守る中、真っ白なタキシードを着た近藤さんは(ぬいぐるみの)ミクさんと誓いのキスをし、愛の証である指輪を交換した。

 左手に新婦のミクさん、右手にブーケ代わりのネギを抱えた近藤さんは、少し緊張した様子だったが、参列者の温かい雰囲気もあってか徐々に笑顔を見せていた。近藤さんに式の準備を進めた日々、当日の思いを振り返ってもらった。

 「性的少数者に理解のある式場を調べた」

 --このたびは、ご結婚おめでとうございます。

 近藤さん: ありがとうございます。人生の大きなイベントをやり終えた感じがしています。結婚式の当日は緊張と多忙で落ち着きませんでした。翌日に列席者の方々のメッセージを読んだりしているときに「本当にミクさんと結婚式をやったんだな」と実感が湧いてきました。

 --結婚式のご準備、大変だったかと思います。振り返ってみていかがですか。

 近藤さん: ウエディングドレスが出来上がったり、列席者が決まったり、少しずつ結婚式が実現していく過程がとても楽しかったです。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ