PR

ライフ ライフ

大洗で「あんこう祭」 「ガルパン」ファンも訪れ13万5千人

「あんこう祭」で名物のあんこうのつるし切りが披露された=18日午後、大洗町港中央(永井大輔撮影)
Messenger

 旬を迎える地元特産のアンコウを堪能するイベント「大洗あんこう祭」が18日、茨城県大洗町で開かれ、過去最高の約13万5千人が県内外から訪れた。

 特設ステージでは、地元の料理人が名物「つるし切り」を披露。約20キロのアンコウが手際よくさばかれていく様子に歓声があがった。つるし切りを担当した大洗ホテルの加藤卓志調理長(34)は「アンコウは身がぶよぶよでぬるぬるしている。まな板の上ではさばきにくいので、ホテルでも伝統的なつるし切りで調理する」と話した。

 埼玉県から来た森翔太さん(22)は「生臭くなく、まろやかで食べやすい」と初のアンコウ汁に舌鼓を打っていた。

 会場では大洗町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の声優らによるトークイベントも行われ、多くのファンたちの熱気に包まれていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ