PR

ライフ ライフ

イノシシ接触、可能性低い 豚コレラ感染で岐阜市

岐阜市畜産センター公園で行われた防疫作業=16日午前(防護服の名前を加工しています、岐阜県提供)
岐阜市畜産センター公園で行われた防疫作業=16日午前(防護服の名前を加工しています、岐阜県提供)

 岐阜市の市畜産センター公園の豚2頭から豚コレラの陽性反応が出たことを受け、岐阜市は16日、記者会見を開き、「防疫態勢はしっかりしていた」と説明、周辺で相次いで感染が確認されている野生イノシシが接触した可能性は低いとの見解を示した。

 市によると、9月に市内の養豚場での感染が判明してから、園内の豚舎を電気柵やベニヤ板で囲い、周辺は一般客が入れないようにした。また、イノシシでの感染拡大を踏まえ10月9日からは放牧も中止した。

 電気柵や板に傷などの異常はなく、イノシシによってウイルスが持ち込まれた可能性は「考えにくい」とした。

 また、市は9月26日に今回の2頭を含む園内の全頭の遺伝子検査を県が実施、いずれも陰性だったと明らかにした。感染は同日以降とみられる。

 園内では16日、殺処分した21頭の埋却や施設の消毒などが行われ、県は同日午後、初動の防疫作業の完了を発表した。園は23日まで休園する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ