PR

ライフ ライフ

南米、アフリカの農業問題を考えるシンポ 21日に開催 東京・渋谷

Messenger

 南米ブラジルとアフリカ南東部モザンビークの農業の現状を知り、食と農の未来を考える「国際シンポジウム&マルシェ」が21日、東京・渋谷区の聖心女子大学で開催される。

 日本、モザンビーク、ブラジルの農家や環境団体などでつくる「3カ国民衆会議」が主催。モザンビークやブラジルの小規模農家では環境被害や土地の使用権を奪われるなどして、農業経営が危機に直面しているケースがあるという。

 3国の小規模農家やNGO団体などが現場からの課題を報告する予定。聖心女子大教授の大橋正明氏は「日本の食生活を支えるために2国でどんなことが起きているのか、この機会に考えてほしい」としている。

 第1部は「食をめぐる主権」をテーマに議論。第2部は「食・農・くらしと地域の自立へ」とテーマに未来につながる方策を考える。参加料は各回1000円(1部・2部通しでの参加は1500円)で、定員は300人。参加はウエブサイトを通して申し込む。(https://ssl.form-mailer.jp/fms/20c758f6591287)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ