PR

ライフ ライフ

光の中の原風景 大阪・千早赤阪村で棚田ライトアップ

約3千基の灯籠でライトアップされた「下赤阪の棚田」=大阪府千早赤阪村
Messenger

 農林水産省の「日本の棚田百選」にも選ばれた大阪府千早赤阪村の「下赤阪の棚田」で、灯籠約3千基を使って田をライトアップする「金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯(あか)り&アートフェスティバル2018」が行われ、訪れた人たちは「日本の原風景」が生み出す幻想的な光景に見入っていた。

 有志で作る実行委員会が村の魅力を広く発信しようと企画。昨年は台風の影響で中止となったため、2年ぶりの開催となった。

 下赤阪の棚田は、南北朝時代の武将・楠木正成ゆかりの下赤坂城跡近くにある。好天に恵まれたイベント当日の10日は午後4時から点灯が始まり、周囲が暗くなるごとに幻想的な光景が広がった。棚田の中には特設ステージが設置され、アーティストらによるコンサートも。実行委は「イベントを通じて、府内唯一の村の美しさと魅力を知ってほしい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ