PR

ライフ ライフ

梅毒患者が最多の6千人台へ 「過去の病気」一転、「訪日客増加が影響」との見方も

Messenger

 性行為などで感染する梅毒(ばいどく)の患者数が増え続け、今年の患者数が現行集計上で過去最多の6千人台になる見込みであることが13日、分かった。平成24年以前は患者数が年間千人を下回る状況が長く続くなど「過去の病気」とされていたが、近年は急増。流行は「外国人観光客の増加などが影響を及ぼしている」との見方もある。

 国立感染症研究所の集計によると、今年1月から11月4日までの累積患者数は5811人。現行の集計方式となった11年以降最多だった昨年の5820人(暫定値)を超すのが確実な情勢となった。

 都道府県別の患者数は東京の1474人が最多。次いで、大阪(997人)▽愛知(375人)▽神奈川(305人)▽福岡(256人)▽兵庫(218人)の順で大都市中心となっているが、広島(153人)、岡山(141人)など地方都市にも広がりを見せている。

 都内で性感染症の診療に当たる「プライベートケアクリニック東京」院長の尾上(おのえ)泰彦(やすひこ)医師は、梅毒患者の拡大理由は「疫学的調査が行われていないので不明」とした上で、「複数人と性行為する人の増加、梅毒流行国からの観光客の増加などが影響を及ぼしているとの見方もある」と指摘。世界保健機関(WHO)の2012年の統計によると、世界で約600万人が感染しており、特に東南アジアやアフリカ地域で多く、先進国でも増加傾向にある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ