PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】東京駅の惨劇 暗殺された首相は、盤石のレールを敷いていた

Messenger

摂政

 裕仁皇太子の外遊が、大正天皇の病状悪化と関係していたことはすでに書いた。首相の原敬や元老の山県有朋らは、裕仁皇太子の摂政就任を望んでおり、その前に、世界の大勢について見聞を広めてほしいと考えたのである。

 原や山県らの期待通り、裕仁皇太子は半年間の外遊で見聞を広め、天性の君徳を開花させて帰国した。直後の大正10年9月7日、原は内大臣の松方正義に、こう提案している。

 「(摂政設置について)先づ元老諸公の議論を固め十月ともなれば挙行然るべし」

 問題は、裕仁皇太子の摂政就任を、どうやって国民に納得させるかだ。

 天皇の職務を代行する摂政について、明治22年2月に裁定された旧皇室典範は「天皇久キニ亙ルノ故障ニ由リ大政ヲ親(みずか)ラスルコト能ハサルトキハ皇族会議及枢密顧問ノ議ヲ経テ摂政ヲ置ク」(19条2項)と規定しているが、適用された例はもちろんない。しかも、当時の国民は大正天皇の病状について詳しく知らされていなかった。

 政府と宮内省は、徐々に天皇の病状を発表することにした。

 1回目は外遊前の9年3月30日、新聞各紙に掲載された発表文によれば、「(天皇は)御心神に幾分か御疲労の御模様あらせられ、且一両年前より御尿中に時々糖分を見ること之れあり、昨秋以来時々挫骨神経痛を発せらる」

 2回目は同年7月24日、「御疲労は依然事に臨みて生じ易く、御倦怠(けんたい)の折柄には御態度に弛緩(しかん)を来し、御発言に障害起り明晰(めいせき)を欠くこと偶々(たまたま)之あり」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ