PR

ライフ ライフ

京都賞の柏原正樹氏「京都の名を冠した賞を受賞でき光栄」

第34回京都賞授賞式 京都賞を授賞し、記念撮影に応じる(左から)先端技術部門で授賞のカール・ダイセロス博士、基礎科学部門で授賞の柏原正樹博士、思想・芸術部門で授賞のジョーン・ジョナス氏=10日午後、京都市左京区の国立京都国際会館(永田直也撮影)
Messenger

 科学や芸術の発展に貢献した国際的な業績をたたえる第34回京都賞(稲盛財団主催)の授賞式が10日、京都市左京区の国立京都国際会館で行われた。京都大数理解析研究所特任教授の柏原正樹氏(71)=基礎科学部門=ら3氏にメダルと賞金1億円が贈られた。

 代数解析学で重要な役割を果たす「D加群」と呼ばれる理論を基礎から築き上げた柏原氏は「代数解析学は京都の地で発展した。その京都の名を冠した賞を受賞できて光栄」と喜びを語った。

 他の受賞者は、脳の神経活動を光で制御する方法を開発し、新たな学問領域「光遺伝学」を創成した米スタンフォード大教授、カール・ダイセロス氏(46)=先端技術部門=と、身体表現とビデオを融合させた表現形式を創始した米マサチューセッツ工科大名誉教授、ジョーン・ジョナス氏(82)=思想・芸術部門。

 京都賞は昭和59年創設。今年のノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった本庶佑・京大特別教授や山中伸弥・京大教授らも受賞している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ