PR

ライフ ライフ

【動画あり】江戸期の「淀川三十石船」復活プロジェクト始動へ

Messenger

 天保5(1834)年ごろの作とみられる歌川広重の浮世絵「京都名所之内 淀川」には、「くらわんか舟」と呼ばれた小舟に乗った商人が、三十石船の乗客に餅や酒を売る情緒あふれる姿が描かれている。

 しかし、明治43年に京阪電鉄が開通したことを契機に次第に衰退。道路網の充実やトラックなどによる陸上輸送の発展で貨物船も姿を消し、昭和37年に淀川の水上交通は、いったん幕を閉じていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ