PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『シングルマザー 自立への道』江成道子著 素晴らしい未来への指南書

『シングルマザー 自立への道』
Messenger

 シングルマザーが抱える問題は限りなく多い。生活費、子育て、将来への不安…。行政窓口でまず提案されるのは児童扶養手当と生活保護。しかし子供が18歳になると児童扶養手当は打ち切られ、大学への進学もおぼつかなくなる。

 生活保護や児童扶養手当に頼らない生き方を模索し実行、さらにそれを伝えるシングルマザーの伝道師のような存在が著者、江成道子氏である。シングルマザーとして5人の子供を育て上げ、5年前には「日本シングルマザー支援協会」を設立した。シングルマザーの経済的自立目標を300万円とし、その実現のために多くのパートナー企業と提携。安定した就業を図ると同時に、行政窓口へも働きかけ、相談のコンシェルジュ制度を設けた(現在、横浜市をはじめ全国5自治体)。

 本書は、誰にも相談できないシングルマザーに「ひとりで悩まないで」とやさしい視点で書かれ、素晴らしい未来を開くための自立への指南書にもなっている。同時に女性が輝くことが社会貢献だと気づいた周囲の男性が多いのも救いである。「女性の自立が子育て、経済に寄与する大いなる可能性」が未来への鍵となる。シングルマザーだけでなく、すべての女性、男性に読んでいただきたいとの願いを込めた一冊だ。

 公開中の映画「Single mom優しい家族。」(松本和巳監督)は江成氏と出会って完成した作品で、シングルマザーの明るい未来を示唆したといえる内容。こちらもぜひご覧いただきたい。(啓文社・1500円+税)

 啓文社書房編集長 永井由紀子

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ