PR

ライフ ライフ

【告知】元祖・旅女、小林希さんが「島に行こう!」をテーマにオンラインサロン開設記念講座を東京・大手町で26日開催

小林希さん
Messenger

 産経新聞社は、11月26日に産経新聞東京本社(東京都千代田区大手町)で、最新刊「週末海外 頑張る自分に、ご褒美を」(ワニブックス)や 「週末島旅」(幻冬舎文庫)が好評な旅作家、小林希さんによるオンラインサロン「しま、ねこ、ときどき海外」オープン記念講座を開催します。

 数多くの著書をリリースしている旅作家の小林希さんは、29歳で会社を辞め、世界放浪の旅に出たのち、平成26年に「恋する旅女、世界をゆく」(幻冬舎文庫)で旅作家としてデビュー後、旅女ブームの火付け役となり、著書の題名から“元祖・旅女”として注目されています。11月26日(月)、日本の島、旅先の猫、海外の旅をテーマにユーザーと交流するオンラインサロン「しま、ねこ、ときどき海外」を産経iDのサービスとしてオープンさせます。最終目標は「実際に旅に出よう、島に行こう!」。

さらに島と島へ興味のある会員をつなぐ場となることを見据え、島の空き家再生など、島の地域活性化なども図っていきます。

 26日のオンラインサロンのオープン日には、小林さんが「島に行こう!」をメインテーマに「旅の魅力、週末島旅、ねこをめぐる旅」を語るオープン記念講座が開催されます。

 小林希(こばやし・のぞみ)さんのプロフィル 昭和57年生まれ、東京都出身。旅作家。元編集者。主に旅、島、猫をテーマに執筆活動をしている。また、旅先の猫を撮り続けている。一方で、瀬戸内海の島にゲストハウスをオープンするなど島プロジェクトを立ち上げ、地域おこしに奔走する。著書に「泣きたくなる旅の日は、世界が美しい」(幻冬舎)や「世界の美しい街の美しいネコ」「日本の猫宿」(ともにエクスナレッジ)など多数。現在世界60カ国、日本の離島70島をめぐる。

【日時】11月26日(月) 午後7時~8時半(午後6時半開場)

【場所】産経新聞東京本社会議室(東京都千代田区大手町1-7-2)

【参加費】産経iD会員1000円、一般2000円(いずれも税込み)

※産経iD会員価格でのお申し込みには産経iDの登録が必要(登録・会費とも無料)

【定員】70人

【お申し込み方法】産経iDのイベントページ(https://id.sankei.jp/e/359

【締め切り】11月25日(日) 23時59分

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ