PR

ライフ ライフ

児相、保育所は「近所迷惑」か 住民反対相次ぐ

Messenger

 日本有数の「セレブタウン」である東京都港区の一等地に開設予定の児童相談所(児相)や保育室をめぐり、一部住民が反発する事態が相次いでいる。ブランドショップが並ぶ南青山では「(児相が)地域にふさわしくない」との声があがり、「シロガネーゼ」の言葉も生まれた白金台では保育室の着工が延期された。子供の施設は街のイメージを壊す「迷惑施設」なのか、自治体の説明不足なのか…。同様の反発は全国でも起きている。(久保まりな)

 価値が下がる

 「イメージに合わない」「価値が下がる」

 10月中旬、港区が実施した「子ども家庭総合支援センター」に関する説明会で、住民の一部からはこんな声が相次いだ。

 平成28年に児童福祉法が改正され、都道府県や中核市のほかに特別区でも児相が設置できるようになった。このため港区は、児相のほか、さまざまな事情で養育が困難な母子家庭が入所する支援施設や家庭問題の相談に対応する子育て支援機能も備えた同センター(地上4階建て)を整備することを決めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ